ACEとは?

ACE(エース)は、自分達で企画したイベントや、新しく日本へ来た留学生の入居手続き等のサポートを通して留学生と交流している異文化交流サークルです。
名古屋大学生・他大学生問わず誰でも参加でき、メンバーは総勢100名以上。毎回イベントでは留学生以外に大勢のACEメンバーも参加しており、その数は80人を超える場合も多々あります。
メンバーは一年中募集しているので、いつでも誰でも大歓迎です。

主な活動は、留学生の生活面のサポートと一般の学生が留学生と交流する場所を提供するイベントの企画・運営です。具体的には、4月と10月の新規留学生の受け入れ活動と、毎月行うさまざまなイベントの企画・運営になります。

ACEは、『Action-group for Cross-cultural Exchange』の略で、『交流・架け橋・ボランティア』を三大理念に掲げています。ACEは、留学生を支援し、日本人学生と留学生の交流を促進することを目的として1988年6月に全国に先駆けて結成された異文化交流サークルで、20年以上の歴史があります。今は28代(主に2年生)が運営しています。

受け入れ活動とは

受け入れ活動とは

・複数あるインターナショナルレジデンスや桜山留学生会館の入居手続きや案内
・入居・学習オリエンテーションの手伝い
・学内を案内するキャンパスツアー
・周辺情報や日本での生活に欠かすことのできない情報を載せたパンフレットの作成
・ウェルカムパーティー
・大学周辺を散策する遠足
・留学生のためのバザー

などで、留学生が名古屋大学での生活を安心してスタートでき、学習に励める環境づくりに努めています。

イベントとは

イベントは

・日本文化を紹介するもの(七夕パーティー、正月企画など)
・交流の場を提供するもの(スキー合宿、BBQ、月一企画など)
・AFSA(愛知留学生会)主催のもの(春・秋のバス旅行、留学生の夕べ)

など、大きいものから小さいものまでとても多彩です。近年では他団体との交流イベントも行っています。
イベントは毎月ほぼ必ず1つ以上ありますが、4月と10月は新しく留学生が来る時期のため、特にイベントが多くなります。
イベントだけの参加だけでも大歓迎です!

» 主な年間行事

更に詳しく

ACEは留学生と大きく関わりを持つ特性上、大学の留学生課・留学生センターと密接な関係を持っています。また、留学生の自治組織である名古屋大学留学生会NUFSA(Nagoya University Foreign Students Association)や愛知留学生会AFSA(Aichi Foreign Students Association)、地域のボランティア団体などと協力体制をとり、共同でイベントを開催したりしています。
さらに、2001年3月には広島で開催された「国際交流を実践する日本人学生のための研修会」に"時代の先駆者"として招かれたり、ACEや他大学の国際交流サークルのOB・OGの有志により結成されたアトラスが2003年3月に主催した研修会に参加したり、2005年から淡路島で開催されている「NCO(国際交流を実践する学生のための交流会)」に参加していたり、北から南まで日本各地の団体と幅広い活動をしています。